右脳を使うための準備運動

右脳を使うための準備運動

右脳を使うための準備運動には、以下のようなものがあります。

  • 軽い運動
    • 運動をすると、心拍数が高まり全身の血流量が増えるので、脳への血流量も増えて脳が活性化される
    • 30 分程度のウォーキングは有酸素運動であり、β - エンドルフィンも増えるので効果的
    • 通常、脳が活発に活動するには起きてから 2 時間程度掛かるが、朝にウォーキングをすると、覚醒する時間が早まる
  • 心身のリラックス
    • 楽な姿勢を取って体の緊張を解き、目を閉じて心を静める
    • 首や肩を回し、体をほぐすのも効果的
    • 1 分間瞑想して落ち着く
    • アロマセラピーやカラーセラピーを利用する
    • 風呂にゆっくり入る
      • 風呂 Bathroom とバス Bus とベッド Bed は、ひらめきやすい場所とされる(バー Bar を入れることもある)
      • 中国の文学者の欧陽修は、馬上と枕上と厠上を「三上の説」としている
  • 精神集中
    • 丹田呼吸により、精神集中を行う
      • 丹田とは、親指をおへその位置にして手の平を下腹部に当てたとき、小指が触れる辺り
      • 丹田に手を当て、ゆっくりと息を吐いた後、ゆっくりと息を吸い、最後に数秒間、息を止めるという呼吸法を 10 〜 20 回繰返す
      • 日本で最初に丹田呼吸法を広めたのは、白隠 慧鶴(はくいん えかく)禅師
        • 白隠は、「駿河には過ぎたるのものが 2 つあり、富士のお山に原の白隠」と歌われた江戸時代中期の名僧で、臨済宗を復興させた
  • イメージ化
    • 自分の夢や希望をできるだけ具体的に想像する
    • スポーツ選手が試合に備えて行うメンタル・トレーニングも、イメージ化に当たる
    • 釈迦の瞑想法により、イメージ化を行う
      • 釈迦の瞑想法は、アナ・パナ・サチ呼吸法として知られている(アナ・パナ・サチとは「出入息念」という意味)
      • 大安般守意経(だいあんぱんしゅいきょう)というお経には、以下のように述べられている

        入息は短く、出息は長く、念い(おもい)に従う所無きを道の意となし、念う所の有るを罪となす

      • 「息を吸うときは短く、吐くときは長く、雑念のない状態になりなさい」ということで、イメージ化に有効

右脳を使うための準備運動は、毎日続けることが重要です。

1 日の休めば 2 日戻り、2 日休めば 4 日戻り、3 日休めば元の木阿弥になってしまいます。