フォトリーディング

フォトリーディング

通常の読書とフォトリーディングには、以下のような違いがあります。

  • 通常の読書
    • 一字一句ゆっくり読む
    • 受動的に全体を理解する
    • 1 回だけ読む
  • フォトリーディング
    • 1 秒当たり 1 ページの速度でページをめくる
    • 能動的に必要な情報だけを入手する
    • 何回も読む

通常の読書は、左脳の顕在意識を利用しており、読んだ瞬間に内容を理解します。

一方、フォトリーディングは、右脳の潜在意識を利用しており、読んでから理解するまでに時間が掛かります。

顕在意識と潜在意識の情報処理速度は、それぞれ毎秒 40 ビットと 1000 万ビットと言われています。

潜在意識で吸収した情報を顕在意識で理解するのが効果的な読書です。

フォトリーディングは、以下の手順で行います。

  1. 本を用意する
    • めくりやすいソフトカバーの本を用意する
    • 最初はページが厚いものや字が小さいものは避け、童話や小学生向きの本を選ぶとよい
  2. 本を高速でめくる
    • 縦書きであれば右手の平に本を乗せ、左手の親指でしごくように約 1 秒で全ページをめくる
    • 10 回繰返すが、内容を読もうとしなくて構わない
  3. 本を中速でめくる
    • 高速のときと同じ要領で、約 5 秒で全ページをめくる
    • 10 回繰返すが、内容を読もうとしなくて構わない
  4. 本を低速でめくる
    • 高速・中速のときと同じ要領で、約 10 秒で全ページをめくる
    • 10 回繰返すが、内容を読もうとしなくて構わない
  5. 本の内容を書く
    • 高速・中速・低速でめくって読めた内容をできるだけ書出す
    • 最初はほとんど書けなくても、続けることによりだんだん見出しなどが書けるようになる