フォトリーディングの高速リーディング

フォトリーディングの高速リーディング

活性化(アクティベーション)が終了しても、更に内容を知りたい場合に高速リーディングを行います。

対象は小説や専門書のことが多く、全ての本で必要な訳ではありません。

高速リーディングはスーパーリーディングと似ていますが、以下の違いがあります。

  • 最後に行う
  • 読書速度を自由に調節できる

高速リーディングは、以下の手順で行います。

  1. 本の最初から読み始める
  2. 分からない箇所があっても、読み進める
  3. 高速リーディングまでの作業で読んでいたり、重要でないと思われたりする部分は、読書速度を上げる
  4. 新しい情報があったり、重要と思われたりする部分は、読書速度を落とす

高速リーディングでは、予備知識や重要度により読書速度を調節して、必要なだけ時間を掛けます。