フォトリーディングの活性化

フォトリーディングの活性化

フォトリーディングの活性化は、アクティベーションとも呼ばれます。

本の内容を復習する(ポストビュー)

復習(ポストビュー)の目的は、フォトリーディングした本の全体を把握して、活性化の準備をすることです。

  1. 本をめくって全体の構成を抑えて、要点を掴む
  2. 本のキーワードを書出す
  3. 疑問点を浮かび上がらせる
  4. 上記を繰返す

内容への好奇心と答の探究心を高めることは重要ですが、疑問の答を見付けようとして、本を熟読しないようにします。

復習は、フォトリーディング直後に約 10 分で行うと効果的です。

キーワードを探す

記事や本を斜め読みして、キーワードを探します。

  • 記事の場合、5 〜 10 個
  • 本の場合、20 〜 30 個

表紙/目次/索引には、キーワードが多く含まれています。

本であれば、内容にもよりますが 2, 3 分でキーワードが見付かるでしょう。

生産的休息で情報を熟成させる

復習が終了したら、時間をおいて情報を熟成させる生産的休息を取ります。

気分転換をしている間に、フォトリーディングで得た新規の情報が脳内の既存の知識と結び付いていきます。

生産的休息には、短ければ数分、長ければ一晩を取ります。

スーパーリーディング

スーパーリーディングとは、本を流れるように見て行きながら、必要な情報を探す方法です。

  • 縦書きであれば、右から左へ
  • 横書きであれば、上から下へ

視野を広くして、明確な目的を持って、スーパーリーディングを行うと自然に、脳が答になる情報を見付け出してくれます。

ディッピング

ディッピングとは、本の中から目的を満たす記述を探し、内容を理解できる程度にサーッと読むことです。

スーパーリーディングで気になった部分では、ディッピングに切替えて情報を取得します。

ディッピングをしすぎることはオーバーディッピングと言われ、通常の読書と変わらなくなってしまうので、注意します。

1 ヶ所のディッピングで読む文章は、本の場合 1, 2 ページ/記事の場合 1, 2 段落以内にします。

スキタリング

スキタリングとは拾い読みの方法で、J. マイケル・ベネット博士が考案しました。
アメンボが水面を軽快に走る様子をスキタリングと言います。

  1. 各段落の最初の文章を読む(最初の文章は、その段落の主題を伝えるトピックセンテンスであることが多い)
  2. その段落から、主題に関連する言葉を拾う
  3. その段落の最後の文章を読む

スキタリングは、長い文章を読むときに効果的です。

マインドマップを作る

マインドマップとは、情報整理方法の 1 つです。

  1. 用紙を広く使えるように横向きにする
  2. 中央にテーマを書く(キーワードを表す絵でもよい)
  3. テーマから放射状に枝を伸ばして、キーワード A, B, C, ... を書く
  4. キーワードから放射状に枝を伸ばして、サブキーワード a1, a2, a3, ... を書く
  5. キーワードやサブキーワードの文字の大きさを変えたり、色を着けたり、絵を描いたり、関連を矢印で表したりして視覚に訴えると効果的