語学力のトレーニング

語学力のトレーニング

「言語を司るのは左脳」の「言語」とは、母国語を指します。
外国語を効率よく学ぶには、右脳を活用する必要があります。

「左脳は母国語、右脳は外国語」なのです。

そして、それぞれの言語には固有の周波数があり、母国語以外の言語は聞き取りにくくなります。

例を挙げると、日本語は 1500 ヘルツ以下の低周波数言語ですが、英語は 2000 ヘルツ以上の高周波数言語です。

外国語を学ぶには速読や速聴により、目や耳から高速で大量の情報を受取ることが効果的です。

外国語のテープや CD を聴くとき、2 倍速や 4 倍速にすると右脳を活性化させることができます。

一方、英単語の大量記憶は、以下のように行います。

  1. 難易度の合った英単語の本を用意する
  2. 70 語を早口で 10 回以上音読する
  3. 覚えていない単語は音読を繰返し、70 語を完全に覚える
  4. 前日と前々日の復習をする

英文の音読と暗唱は、以下のように行います。

  1. 難易度の合った英文を用意する
  2. 英文を早口で 10 回以上音読する
  3. テープや CD があれば発音も練習する
  4. 20 〜 30 分繰返して、英文を暗唱する

国連職員のジョルジュ・アンリ・シュミットさんというフランス人は、31 ヶ国語を習得しているそうです。

「そのうちの 12 ヶ国語は使う機会が滅多にないため、あまり流暢ではない」とのことですが、残りの 19 ヶ国語は堪能なのでしょう。