知能指数 IQ と心の知能指数 EQ

知能指数 IQ と心の知能指数 EQ

知能指数 IQ (Intelligence Quotient) は、20 世紀初頭にフランスの心理学者アルフレッド・ビネーによって考案され、その後アメリカで手を加えられました。

IQ を判定するための知能検査では、バラバラに出される色々な問題を制限時間内に解いていきます。

これらの問題は、ある年齢になると解けるとされるものが多数組合わせられており、成績を以下のように分析すると知能の働きの程度として、IQ を割出すことができます。

知能年齢 / 生活年齢 * 100

10 歳の子供が、15 歳の子供であれば解ける問題のほとんどに正解すれば、IQ 150 になります。

アインシュタイン・ガリレオ・ゲーテの IQ は、それぞれ 173, 145, 185 だったそうです。

しかし、IQ は人間の資質を表すものではなく、訓練や体調により上がったり下がったりします。

そのため、最近では普通学級の授業について行けるか、という知能の遅れを判断するために利用されることが多くなっており、原則として結果は児童に開示していません。

IQ に代わって、脳の働きの指標として心の知能指数 EQ (Emotional Quotient) が考案されました。

IQ と対比するため EQ の名称がよく用いられますが、EI (Emotional Intelligence) と呼ばれることもあります。

アメリカのピーター・サロヴェイとジョン・メイヤーたちが提唱し、研究を進めたダニエル・ゴールマンが「EQ こころの知能指数」を著したことで世界中に普及しました。

EQ は、5 つの能力で構成されます。

  • 自己認識力
  • 自己統制力
  • 動機付け
  • 共感能力
  • 社会的スキル

仕事上の成功には、IQ と EQ が 1 : 3 くらいの割合で関係していると言われます。

EQ を高めるには、日常の小さな出来事にも目を向け、感動する習慣を付けることが有効です。