男性脳と女性脳

男性脳と女性脳

男性脳と女性脳の違いは、左右の大脳を繋ぐ交連繊維の束である脳梁の太さから生まれます(男性は細く、女性は太い)。

脳梁が太い女性脳は、多くの情報を処理することができるので「全方位レーダー型」と表現され、何かをしながら別のことを行うことが得意です。

脳梁が細い男性脳は、多くの情報を処理することができないので「一極集中ソナー型」と表現され、何かをしながら別のことを行うことが苦手です。

また、男女の脳の大きさや重さを比べると、右脳は男性の方が少し大きく、体重当たりの脳重量も男性の方が大きいです。

「基本的に、男性は右脳/女性は左脳がよく働く」と言われ、左脳と右脳の働きは以下の通りです。

  • 左脳
    • 言語を読取り、聞取る
    • 分析する
    • 考える
  • 右脳
    • 図形を読取る
    • 音楽を聴く
    • 全体を見る
    • 直感で判断する

女性に通訳が多いのは、脳科学からも説明できるのです。

また、料理を作る職業として、「シェフ」には男性が多く、「料理研究家」には女性が多くなっています。

これは、「料理研究家」は様々な料理を考案するのに対し、「シェフ」は新しい料理を考案することは少なく定められた料理を作ることが多いからだと思われます。

「シェフ」に限らず、全体を把握しながら進める仕事では、右脳の働きが重要になるのです。