脳内ホルモン(神経伝達物質)

脳内ホルモン(神経伝達物質)

代表的な脳内ホルモン(神経伝達物質)には、以下のようなものがあります。

  • ドーパミン
    • 楽しい気分でいるときに脳内に分泌され、前頭葉を刺激する
    • 前頭葉は創造性と深く関わっており、独創性のあるアイデアが生まれやすくなる
    • 減少すると、パーキンソン病になりやすい
  • メラトニン
    • 生命力や長寿に関連する作用があり、暗くなると多く分泌して眠気を覚え、明るくなると眠気を覚ます
    • 鳥では、生物時計として働くとされる
  • セロトニン
    • 人体に約 10 mg 存在し、そのうちの 2 % が脳内に分布している
    • 脳波が α 波(アルファ波)や θ 波(シータ波)の状態に入る手助けをする
    • 減少すると、鬱病になりやすい
  • β - エンドルフィン
    • モルヒネに似た作用を持ち、哺乳類の脳や膵臓などに存在する
    • ランナーズハイは、β - エンドルフィンによって引き起こされるものと考えられている
  • ノルアドレナリン
    • 副腎から血液に放出される脳内ホルモン(神経伝達物質)
    • ストレス・ホルモンの 1 つであり、脳幹で解放されて、脳に影響を及ぼす
  • コルチゾル
    • ストレスを受けると副腎皮質ホルモンのコルチゾルが過剰になる
    • ベトナム帰還兵の PTSD(心的外傷後ストレス障害)の調査から、コルチゾルが海馬を委縮させることが分かった
    • 更に、血圧を高め、動脈硬化も促進させる
  • β - アミロイド
    • アルツハイマー病の原因
    • 脳にたまると、海馬にある記憶を司る神経細胞を壊す
  • プロスタグランジン D2
    • 質のよい睡眠を誘発する
  • アセチルコリン
    • 副交感神経を刺激して、脈拍を遅くしたり唾液の産生を促したりする
  • ギャバ(γ - アミノ酪酸)
    • Gamma - AminoButyric Acid で GABA と呼ばれる
    • 海馬・小脳・脊髄などに存在する抑制性の脳内ホルモン(神経伝達物質)

これらのうちメラトニンとセロトニンは、松果体で分泌されます。

松果体は、左右の大脳半球の間にある松の実に似た 0.1 〜 0.2 g ほどの器官で、松果腺や上生体とも呼ばれます。

人間の体で最初(受胎後 3 ヶ月ほど)に完成するのが、松果体です。